【起業の原点】娘に引き継ぎたくなかった女性の働き方の当たり前

0

今日は、私の起業するきっかけとなった

想いについて綴りたいと思います。

  フリーランスとして自分の可能性を諦めたくなかった

私には、現在

中学生男子、小6男子、

年長女児の3人の子どもがいます。

第3子である娘の

出産直前に、

私は専業主婦になりました。
 

当時上のお兄ちゃんたちが小2と年長。

長男が0歳9ヶ月の時に復帰し

ずっと働き続けてきた私が、

初めて”おかえり”が言える生活を

経験しました。

その後、

手のかかる小学生低学年と、

乳児を抱えて再度元の職場に戻る気にはなれず、

娘が1歳を過ぎた頃から、

フリーのキャリアコンサルタント

として活動を始めました。

コロナ禍ではありましたが、

段々とご縁は広がり、

地域活動にも参画しながら

やりたいことで

仕事を頂ける

ありがたい状況でもありました。

ですが、

忙しい割には

正社員並みの安定感はない

子ども達との時間を大切にしながら

個人で仕事をする難しさにも直面しました。

だけど…

まだまだ私は私の可能性を諦めたくない!

そう思い、

時間もお金もかけて

ビジネスを学びました。

そして

それまで広がっていた

なんちゃってビジネスを見直し

改めて

自分の人生を棚卸し、

新たな商品を生み出し、

初月には月商88万円を達成し、

その後も、会社員の収入以上の

利益を生み出せるようになりました。

  フリーで活動をはじめたきっかけ

全ては

娘がきっかけだったんです。

元の職場でマスコミ沙汰に

なるくらいの事件が起こり、

隠蔽された時。

私は

信じられない、

こんな事が罷り通って

いいわけがないと

上司に泣きつきました。

同時期に、

お腹に宿った命が

稽留流産です

という診断を受けました。

私は自分を責めました。

あんな職場にいたから。

あんなに自分にストレスをかけたから。

手術当日。

諦めていなかった主人が、

「もう一度よくみてくれ」と

お医者さんに告げ

診察台で

「う、動いてますよ!!

赤ちゃん、動いてます!!」

.

.

.

その後、私は

その職場を退職し

専業主婦となったわけですが、

上の子たちのときには

ずっとフルタイムで

働いてきていたので

娘が1歳をすぎた頃に

おかえりを言える生活を

続けながら、

これまでの経験
(キャリアコンサルタント、

営業、事務、接客など)

を活かしてできる

仕事はないか、

と考え始めました。

しかしそこで改めて、

妊娠・出産で、

これまでの経験がリセットされる

女性の働き方の現実

を目の当たりにしました。

どんなに経験があっても

どんなにスキルがあっても

どんなに資格があっても

一度離職して、

子どもとの時間を優先すると

1000円ちょっとのパート。

収入を確保したいと思うと

子どもとの時間は削られる。

娘に、

そんな世の中の当たり前を

引き継ぎたくない。

強く思いました。

その想いで、

これまで培ってきた経験を

安売りするような働き方ではなく

子育て中でも稼いでいい

子育て中だからこそ稼げるようになる

自分が、ロールモデルになる

と決めて、

フリーでの活動を開始したんです。

私は、

妊娠出産で離職しても、

育児離職しても、

経験やスキルと想いを、

社会に還元できる価値に変換し

共に豊かになる

女性を増やすために、

女性起業家育成コミュニティを

主宰しています。

ただお金が欲しい

楽して稼ぎたい

誰かになんとかしてもらいたい

という方には

私のサービスでは

お役にたてないです。

これまでの社会の当たり前を変えて、

人生を変えたい

社会を変えたいから

私は挑戦を続けています。

  起業は甘くない

正直、起業は甘くない。

正確に言うと、

起業することは簡単です。

だけど、継続していくこと

がとても難しい。

どうにか頑張れば、

一過性の売り上げは作れるかもしれない。

私自身も、

独学で月商45万円まではいっていたんです。

だけど、月によって収入はバラバラだったり、

将来への不安がないわけではなかった。

だから

お金と時間をかけて、

しっかりとビジネスを学ぶ選択をしました。

たくさんの情報が溢れていて、

起業サポートも充実している今、

どこで学ぶか

誰を選ぶか

はとても重要だと思います。

このブログを初めて読んだ、という方も

いらっしゃいますよねにっこり

ここまで読んでくだって本当にありがとうございます目がハート

私がどんな人間か

信じられるか信じられないか

あなたの目で、判断して欲しいなと思っています。

 ちょっと浦部が気になってきた〜という

そこのあなた目がハート

セミナーを開催します。

本気で、「浦部さんだから話せた」と言ってもらえるセミナーですキメてる飛び出すハート

※追記

ご興味を持っていただき、ありがとうございます。

セミナーは終了しております。

Facebook、Instagram、noteなどで
最新情報は更新しております。